フリーセル

Windowsに通常最初から入っているゲーム
従来のカード配列は1〜32000の32,000通りだったが、XPから1,000,000通りに増えた


 I. (◎)強制クリア(コ)

カードを並べたあと、[Ctrl]+[Shift]+[F10]。すると、

freecell_c.png(3713 byte)

というダイアログボックスが表示されます。
ここで、中止を押すと、カードを一枚動かしただけで強制的にクリアします。
また、再試行を押すとカードを動かしただけで即負けになります。
因みに、無視はキャンセルの意味(英語を見ればわかるんですけどね)

 II. (◎)解けない問題(情)

ゲーム>選択でゲーム番号を選択する。
-1または-2を入力する。
すると、解けないパターンのゲームが始まる。(見るからに出来なさそう)
また、#11982は解けないということが証明されています。

 III. (◎)スコア改竄(情)(警)

レジストリをいじることは非常に危険です。最悪起動不能に陥ります。
自己責任でお願いします。

まずレジストリエディタ(regedit.exe)を起動します。
「\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Applets\FreeCell」に移動する。
各データは以下の情報を含みます。(データはすべてバイナリ値)

「AlreadyPlayed」 すでに1回でもプレイしたかどうかを確認するもの
「looses」 連敗記録
「lost」 合計敗北数
「streak」 現在の連勝または連敗記録
「stype」 0なら現在連敗、1なら現在連勝
「wins」 連勝記録
「won」 合計勝利数

改竄の仕方
まず数値を16進法に変換します。198ならC6。8888なら22B8という感じです。
つぎに二桁ごとに区切って右にあるペアから順番に左詰で入力していきます。
C6なら00 00 00 C6。22B8ならB8 22 00 00です。
あとはこれを応用してやってください。
尚、「AlreadyPlayed」を00 00 00 00 にするとスコアがクリアされます。

レジストリエディタのキャプチャ

フリーセルのキャプチャ

ゲームトップページ


最終更新日:2006年3月25日 土曜日